「ザ・シークレット」翻訳者 佐野美代子のブログ

「ザ・シークレット」、「「ザ・シークレット TO TEEN]、「ザ・パワー」、「ザ・マジック」の引き寄せの法則、モンロー研究所、ヘミシンク、UFO、オーブ、ラムサ、ルイース・ヘイ、アファメーション、気、生命エネルギー、死後世界、輪廻転生、闇の権力や海外生活などを中心に書いています。

Olsen

最愛の家族を失っても、喜びを見つけました

最愛の家族が一瞬で,
亡くなったらどうしますか?
 
最愛の妻と生後14ヶ月の次男を
失ったジェフオールソンの話です。
(ジェフについては、すでに数日前にも投稿しています)
 
感動のあまり、
私は彼の1時間以上のYOU TUBEを
あれこれ何度も見ていますが、
今回は 
短時間の動画を選びました。

Jeff Olsen
Finding Joy after loss 
You Tubeの要約

悲劇ですが希望を与えてくれる
本です。

「I Knew Their Heart」という
ジェフの本では、

飲酒運転のドライバーが原因で
事故を起こして、
最愛の息子を失っても
最後はその人を許せると思う。

強風で車が倒されても
私は神様を許せる。

しかし、
私は運転中に居眠りをしてしまい
それは私の責任だ。

家族を半分も自分のせいで失った
男性にあなたは何て言いますか?

1997年3月31日

「自分の運転する車を時速70マイルの
クルーズコントロールに設定しました。

家族旅行の帰りで
たまった仕事のことで
頭がいっぱいでした。

助手席では妻が眠っていて、
彼女を寝顔を見ました。
それからバックミラーで
後部座席の息子たちも見ました。

感謝の念がわいてきて、
自分は何て幸運なのだろうか!!
美しい家族や自分の人生に対して
感謝の気持ちが溢れてきたのです。 」

南ユタ 時速80マイル

「何が起きたのか、
はっきりとは覚えていませんが・・・

ハンドルを握りながら、
ウトウトしてしまったのでしょう。

事故が起きて
全く体を動かせません。
電話もかけれません。
精神的にも苦しい状況でした。 」


「ジェフにとってヴェイルは薄かったのです」

「私は事故現場から
自分が浮き上がるのを感じました。

自分の肉体を離れて、     
妻のパメラと一緒でした。

しかし、彼女は
「あなたはここにいてはいけない」
「あなたは戻らないとだめ」
「ここにいるべきではない」と
繰り返し言います。 」


ジェフは4ヶ月も入院していました。
18以上の手術をしました。

「妻と輝く次元に留まりたかったけど、
生き残った長男のことが気になったのと、
やはり、今、この次元にいる
タイミングではないと感じたのです。

「なぜ?」という質問が、
心の中で繰り返されます。 

『なぜ?』『なぜ?』

この悲劇で自分は何を学んでいるのか?? 」

彼は、再び愛することを学びます。

タニアという女性に出会います。
 

何を学んだか?

1 多くの人が自分の前に現れて
愛情を示してくれました。

これは「愛の物語」です。
家族や隣人が本当に助けあい 、

悲劇以上に美しいものを創造していく
ストーリーです。


「我々は選べます」

あんな人生のどん底、真っ暗闇にいた頃
「自分はこれからどうしたら良いのか?
どのように生きていけば良いのか?」と懇願しました。

すると、声が聞こえたのです。
なじみのある愛ある 
神様の声です。

「喜び(JOY)を選びなさい」
という一言です。
 

タニアと再婚し、
二人の息子を養子にもらい、     
事故で生き残った息子のスペンサーも
しっかりと使命を果たしています。

我々が人生で体験する出来事は
すべて完璧なのでしょう。


我々が学びを得るための道のりなのです。

それらの出来事を自分がどのように体験するかは
自分が選べるわけです。

「許す」

自分自を許すことが一番難しいです。

一連の出来事や人との出会いが
自分が許すことを学ぶために
用意されていました。

スピリチャルな体験から
人生のどん底などすべての体験から
言えるのは、

自分の運命は
自分でコントロールできるということです。





さあ、今、試練に直面している方も
喜びを見つけてください。

あの世では全てが存在しています。
今、この世で何かを学ぶために
全ての出来事が用意されていて、
何も無駄なことはありません。

自分の気持ち次第で
どんな悲劇からも、
より愛情あふれる
人生を創造していけます。

引き寄せの法則を使いましょう。

大和君の事件も
見つかるまでは悲劇的でしたが、
日本と世界中の人々の愛が届いて
そこだけに焦点を当てると、人々の愛の6日間でした。
(大和君の6日間は地獄でした。
しかし、彼には役割もあるし、
ガイドや天使がついていたと思います)


やはり、人生で一番美しいものは愛ですね〜
どんなにお金や物があっても、
人と人の愛や触れ合いがなければ
意味がありません。

熊本の方も人々の愛と絆で頑張ってください!

スイスより
愛をこめて
佐野美代子



↓記事を書くモチベーションになります♪          
  ぜひ、クリックをお願いします                 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ    
いつも応援していただきありがとうございます!! 


 


 

車の事故で失った家族との再会

2014年 臨死体験研究の国際集会で

臨死体験の話
Jeff Olsen 
ジェフ・オールソン 



自分が運転していた車が事故を起こし、
助手席の奥さんと後部座席の赤ちゃんの次男が即死。
長男は軽症でした。
オールソンは重傷。
 
18の外科手術してから
リハビリをしていて 
ICUからも退院して帰宅できました。
 
そして、横向きに寝て、平穏に熟睡しました。
それまでは病院でずっと仰向けに寝ていました。
熟睡のなかで、交通事故で体験した
至福の次元にまたいけました。
 
そこでは故郷という感覚
ここには一時的にしかいれないのはわかっていました。
 
自由に走り回れて
(実際はまだ体が不自由)、
廊下があるから
そこを走り抜けると、ゆりかごがありました。
 
そこには、交通事故で亡くなった
生後14ヶ月の息子のグリフィンが寝ていました。

彼の呼吸も聞こえてリアルに生きていました。
 
抱き上げると息子は肉感がしっかりありました。
この次元よりもリアルでした。

エネルギーの次元にいるのに、
何でこんなにちゃんと
形がたあるのでしょうか?
不思議でした。

すべてのエネルギーは有形で
周波数が違うだけだから。

同じもののエネルギーを
高次元で体験しているのです。
ですから、よりリアルなのです。 

すべてが「わかる」という感覚でした。
宇宙の叡智という感じ。
しかし、自分の個人的なことだけがわかりました。
 
背後に人の気配を感じました。
そこにいる人は愛に満ちあふれて
自分を全て知っているような人でした。
すべてがひとつでした。

息子を抱きしめている時にダウンロードが始まりました。
すべての真実が私に降りてきたのです。


未来が見えるとか、
天地創造がわかるということではなく、
自分のことがわかりました。
 
自分の人生で起きたことをすべて体験しました。

美しい出来事も失敗した事もすべてです。
 
すべての宇宙が「あなたをこれだけ愛しています」
「あなたが成長するために見守っていました』
と言っているのを
全身で感じました。

自分の人生が完璧だと確信しました。
事故を起こし、全身がまだ痛みだらけでも。 
何が起きようとです。

自分が自分の家族を奪ったことを確信しました。

ここの愛あふれる空間で神様の存在を確信。

ここは故郷。無条件の愛を息子に注いでいます。
亡くなった息子を抱きしめています。
 息子は完璧でした。
息子への愛が拡大され
それは神様からの愛と同じだと気づきました。
 
この次元で、息子は歩き始めています!!
成長しています。

自分も神聖である感覚。
 
神様の目には、
自分は完璧。人生は完璧。自分は聖なる存在。
自分の中の神聖なる部分を忘れていましたが思い出しました。 

つまり、人はみんな完璧で、神聖なのです
みんな繋がっています。

そこの故郷と感じるというのは、そこから来たと思いますか?
はい、その次元から来たのです。

それは、 
「信じる」「願う」「知っている」のなかでは、

ここは故郷ということを「知っている」感じです。
母がパンを焼くお台所にいる懐かしい感覚。 

時間は私はよくわかりません。
時間は存在しないからです。

この瞬間しかないのです。
昨日はないし、明日は来ないのです。
今しかないのです。
 
時間というのは今だけ。
すべての瞬間には選択があります。
どの瞬間でも自分が状況を選べます。
どのように感じるか、体験するかは自分が選べるのです。

しかし、
「今しかない」ということを
理解するのは難しいですね〜

多くの人は過去にこだわります。
こだわりすぎて、他の選択ができないのです。
それを手放さないと、自由な選択ができません。
 
そこで何を学び、何を選ぶのですか?
あなたは自由なのです。
過去に嫌な体験をして、自由でない人がいます。

その故郷とか天国というのは、今ここにあるのですね?
 
亡くなった息子を抱きしめ、この次元に戻りました。
(この次元では病院にいます)
車いすにのって、退院して、自宅に戻りますが、
長男がどのように自分を迎えるのか心配でした。

彼は母親とか弟を一度に失って、
交通事故という恐ろしい体験もしたからです。

自分が帰宅すると、
彼は自分を嬉しそうに迎え入れてくれました。
車いすの自分を恥ずかしいと思いませんでした。
 
長男を抱きしめて、天国はここにあると気づきました。
この瞬間が神聖だということ。
天国は地球にあるということ。
自分が選べば良いのです。

愛する人を失った人、死を怖がる人へのメッセージはありますか?
死は怖くありません。
死とは他の部屋に行く感じに過ぎないのです。
すばらしい変容です。

どの瞬間も感謝すれば、
どんな人生も美しいものになります。

以上が動画の抜粋です。
直訳しているのですみません。


ここでは自信が運転する車が
事故を起こし、最愛の妻と生後14ヶ月の次男を
失った男性が
臨死体験をして、天国で妻と息子にあえました。

愛する人を亡くされた方
そして末期の症状で死を恐れている方に
お伝えしたいです。

死は終わりではなく、新しい次元への
入り口に過ぎません。
愛する人はそこで幸せにしていて
また、再会できるのです。


 いつでも幸せにしましょう。
全て大丈夫なのです。
あなたがしていることに無駄はありません。
後悔もする必要ないです。
この瞬間の神秘に感謝しましょう。 

さあ、笑顔です。

 

↓記事を書くモチベーションになります♪   
  
  ぜひ、クリックをお願いします   
  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ          
いつも応援していただきありがとうございます!! 

 
プロフィール
公式Facebook
メルマガ登録
メルマガ登録
ザ・シークレットダウンロード版
ザ・シークレットダウンロード版
ザ・シークレット 書籍
著者:佐野 美代子


著者:佐野 美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川 亜希子+佐野 美代子


著者:佐野 美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川 亜希子+佐野 美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川 紘矢+山川 亜希子+佐野 美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川紘矢+亜希子・佐野美代子


著者:ポール・ハリントン
翻訳:山川紘矢+亜希子・佐野美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川紘矢+亜希子・佐野美代子


著者: ルイーズ・L・ヘイ+モナ・リザ・シュルツ
翻訳:佐野 美代子
2019年 イベント情報

[2019年セミナー・講演会・イベント情報]

宇宙にオーダー シークレットセミナー 岡山 

日時:4月25日
第一部 14時〜
    第二部 18時〜
    懇親会もあり
会場 岡山コンベンションセンター
人数 各限定30名 

»詳細



佐野美代子の人気ダウンロード教材
「ザ・シークレット・コード」DVD
引き寄せのパーフェクトガイド
(フォレスト出版)
(セミナーに参加されない方はご自宅で学べます!


»
詳細


佐野美代子の音声教材
「あなたの願いを宇宙が叶える7日間のマジックプログラム」
(フォレスト出版)


»
詳細


佐野美代子の個人カウンセリング
1時間 20000円 
場所 東京・銀座周辺
申し込み先 
miyokosano345@yahoo.co.jp



(セミナー録画

「ザ・シークレット」ワクワクセミナー ダイジュスト版
»
詳細



講演・ワークショップ
 全国どこでも出かけます♪

(引き寄せの法則・ヘミシンク・スピリチャルなど)
 ヘミシンク・プライベート・セミナー 
 企業向けセミナーも可能です

問い合わせ 
miyokosano345@yahoo.co.jp まで 
お気軽に問い合わせ下さい


QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ