「ザ・シークレット」翻訳者 佐野美代子のブログ

「ザ・シークレット」、「「ザ・シークレット TO TEEN]、「ザ・パワー」、「ザ・マジック」の引き寄せの法則、モンロー研究所、ヘミシンク、UFO、オーブ、ラムサ、ルイース・ヘイ、アファメーション、気、生命エネルギー、死後世界、輪廻転生、闇の権力や海外生活などを中心に書いています。

慈悲

人との触れ合いが波動をあげます

熊本では物質面でみれば大変悲しい出来事です。
どれだけ物的に損害がでているのか計り知れません。
被害を受けられた方には心からお見舞い申し上げます。

ただ、最後はお金や財産ではありません。
あの世には地位、名誉、財産は持っていけません。

私たちはみんな自分の人生の筋書きを書いてきたと
私は信じています。魂を磨くためです。
苦難や試練に直面している方はそんなはずがないと
反発されるかもしれません。

しかし、苦難や試練があると人は成長するのです。
苦労がない順調な人生はなんの学びもないです。

苦労して、人の親切や温かさに感動するかもしれません。
普段気遣いない人様の親切や愛にふれて涙が出てくるかもしれません。

私たちの魂は人の優しさに触れると輝くのです。
そして波動があがります。

私たちは少しでも神様のような光輝く魂になるために
修行を続けていると思います。

人とのご縁や愛のつながりが波動をあげ、魂を輝かせます。
それで試練も乗り越えられ、後でなにか大きな気づきや
感動を得られると信じています。

この世は幻。物質的なものは幻想で、本当は永年なる魂。
 
この話は難しいのですが、
最も尊いものは愛と感謝、慈悲の心だと思います。

それをこの震災は教えてくれているような気がいたします。

物的な成功ではなく、人と人の心の触れ合いを感謝できる
人生を目指したいです。

どんなに豊かでも人との繋がりがないのは悲しいです。
この世で大切なのは物やお金ではなく
愛する人との触れ合いです。
 

自分の魂は強い、魂を磨く!!と宣言して
笑顔で苦難を乗り越えていきたいです💓

魂の仲間(ソウルメイト)が見つかっていくかもしれません。

今日という日を無事に過ごせたことに感謝したいと思います。


スイスより愛を込めて



  

若返りと健康の4つの秘訣を教えます

死に瀕した絶望的な体調から
たった6ヶ月で 
健康になった男性の話をご紹介させてください。 

彼は29歳の時、全身湿疹とアレルギー疾患、
消化不良になり、肺炎と関節炎をおこし、
最後は頭に悪性腫瘍までできて、
回復の見込みがありませんでした。 
そしてたくさんの薬を飲まされていました。 

こんな絶望的な状況でしたが、
「どうしても元気になりたかった」ので、
最後は神様に祈ったそうです。 
 
「神様、何をするべきかご教示ください。
言われた通りにいたします」と心からお祈りました。 

すると、彼は圧倒的な愛と光に包まれて、
神様からの啓示を受けたそうです。 

それは4つの大事な教えです。 

そして、それに従うと、
彼はみるみる元気になり、命を救われたのです! 

さあ、その4つの大事な教えとは何でしょうか?? 



1細胞間のコミュニケーション 

(細胞には意識があることを私も著書の中で伝えていますが) 
 
意識は脳にあるだけではありません。
すべての細胞にあるのです。 

そして、我々はどのように細胞と対話するでしょうか? 

日頃、細胞との対話なんて意識していませんよね?
 
自分の考え、感情、信念、態度はどうなっているのか? 
考えてみてください。 

これらがすべてが、
あなたの
60兆の細胞に影響を与えます。 
細胞すべてがあなたの意識に刻々と反応しているわけです。 

ですから、愛して、許して、受け入れ、慈悲の心を持つこと。 
今まで自分を傷つけたり苦しめた人を
許してあげましょう。 
いつも愛する心を持ちましょう。 

それがあなたの細胞に影響を与えます。 

彼が言うには、 
「過去に自分を傷つけた人たちを愛し、
許して、受け入れるなんていう発想は 
それまで持ったことはなかった」 

当時の彼は愛について何も知りませんでした。 

彼は生まれてから10歳まで、虐待されていたから、
愛と慈悲とは無縁だったそうです。 

ですから、いつも、虐待された人生を振り返り、
無意識に、自分の人生で再現してたそうです。 
苦い過去にしがみついてたと言えます。 

ですから、まず大事なことは、
力強い気持ちを持ち、細胞レベルで考えること。 

今の人生を本当に愛し、感謝すること。 

自分の人生は自分に与えられた恩恵だと認識すること。 

そして、自分の身体(細胞)に耳を傾けること。 
自分の身体ともっと親密になること。 

我々のほとんどは身体に耳を傾けていません。 

身体はリンゴがほしいというサインを出しているのに、
ドーナツを食べにいったりします。

我々の身体にある何十兆もの細胞は、
我々の考え、飲食物、言動、心、
気持ち、信念に反応しています。 

細胞はポジティブかネガティブのどちらかに反応するのです。 

自分に与えられた人生を(それがどんな状況であれ)
神様からの恩恵だと感謝することが、とても大事です。 

そして他者も愛して、
みんなが幸せになるシナリオ(WIN WIN)を考えることです。 


2 細胞の環境 

太陽を毎日拝む。

ゆっくりと深呼吸をして、酸素を細胞に送り込む。
自分の呼吸をしっかりと意識する。

呼吸はデトックスにもなります。
 
良い水を飲む(綺麗な自然の湧き水や装置などで
アルカリイオン水を生成するなど工夫しましょう) 

  靴を脱いで大地としっかり繋がる
(グランディングする) 
  我々は永遠のエネルギー的存在で、
無限の潜在能力を持っています。 
なるべく自然の中に見を置いた方が良さそうですね。

筋肉テストをすると細胞(筋肉)がどのように
反応しているかわかります。

 
3 細胞の栄養 

  酵素がとても大事です!
今では食材から栄養を吸収しにくくなっています。 
  ですから、植物ベースの酵素を取るようにしましょう。
発酵食品は生の食物にあります。 
   
生の食べ物や発酵食品に含まれている酵素のことを
食物酵素といいます。
 
いくらビタミンやミネラルを摂っても、
酵素がなければ身体の中で十分に働けません。
酵素あってのビタミン・ミネラルです。
 
また、酵素も加熱されると
タンパク質が変成して酵素でなくなってしまいます。

一般に酵素が耐えられる温度は50度から
70度
くらいまでです。

  生命力ある食物をとる。
ローフードは生命力あります。
(前にもブログで書きました) 
  なるべく新鮮な無農薬の果物や野菜を生で食べましょう。 
  ナッツや雑穀や豆類もとりましょう。
(精製されていないもの) 
 
  生命力ない食物をとると
自分の体内にある酵素を使うことになります。 
 
 電子レジは酵素を殺します。 
加熱されたお料理は栄養も酵素もほとんどありません。

酵素について考えてみてくださいね。
 
   
4 細胞のエクササイズ 
毎日、体を動かすことです。 



ぜひ、やってみてください〜
💓


MEGEVE FRANCE
 
さあ、深呼吸してください〜

さあ、ますます健康を引き寄せましょう!
 
スイスより愛をこめて




 
プロフィール
公式Facebook
メルマガ登録
メルマガ登録
ザ・シークレットダウンロード版
ザ・シークレットダウンロード版
ザ・シークレット 書籍
著者:佐野 美代子


著者:佐野 美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川 亜希子+佐野 美代子


著者:佐野 美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川 亜希子+佐野 美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川 紘矢+山川 亜希子+佐野 美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川紘矢+亜希子・佐野美代子


著者:ポール・ハリントン
翻訳:山川紘矢+亜希子・佐野美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川紘矢+亜希子・佐野美代子


著者: ルイーズ・L・ヘイ+モナ・リザ・シュルツ
翻訳:佐野 美代子
2019年 イベント情報

[2019年セミナー・講演会・イベント情報]

世界の真実セミナー 東京 

日時:9月29日(金)
   10時半〜13時まで
会場 銀座
     終了後にランチ会もあり
 人数 16名限定

»詳細



佐野美代子の人気ダウンロード教材
「ザ・シークレット・コード」DVD
引き寄せのパーフェクトガイド
(フォレスト出版)
(セミナーに参加されない方はご自宅で学べます!


»
詳細


佐野美代子の音声教材
「あなたの願いを宇宙が叶える7日間のマジックプログラム」
(フォレスト出版)


»
詳細


佐野美代子の個人カウンセリング
1時間 20000円 
場所 東京・銀座周辺
申し込み先 
miyokosano345@yahoo.co.jp



(セミナー録画

「ザ・シークレット」ワクワクセミナー ダイジュスト版
»
詳細



講演・ワークショップ
 全国どこでも出かけます♪

(引き寄せの法則・ヘミシンク・スピリチャルなど)
 ヘミシンク・プライベート・セミナー 
 企業向けセミナーも可能です

問い合わせ 
miyokosano345@yahoo.co.jp まで 
お気軽に問い合わせ下さい


QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ