昨日、ディナーではスイス大使とたまたま2回も
懲役や国防の話になりました。

懲役といっても、戦う可能性はほとんどないと思いますが、
一応、21歳から23歳の間の21週間は
健康な男性であれば、医学生でも
軍隊で訓練を受けないといけないのです。
 
健康上の理由の免除もありますが、
その場合は、税金を払わなければならないそうです。

終了後名前の入った銃を各自持ち帰れるそうです。
また、そのあとは定期的に、
3週間訓練に参加しなくてはならないと・・
(ただし、私は銃を保持することには反対です) 

スイス大使もその経験者ですが
「楽しいものでは決してないけど仕方ないから行く」
と話していました。
銃に関しては持ちかえったけど、危ないから分解してしまったそうです。

訓練中は身分、地位、財力、学力も関係なく
平等というのも良い体験みたいです。 

各家庭には核シェルターもあり、
私がジュネーブで以前借りていた家にも、
地下にそれがあって、
わたしたちは貯蔵室みたいに使っておりました。

スイスはとても平和な国です。
人々だけでなく、白鳥もカモメなどあらゆる
動植物も幸せです。

子供たちのためにもこの幸せを維持したいものですね〜 


世界大戦には参加せず、
世界で最も平和を意識している国かもしれません。

平和を守るために国防が
しっかりしていると感じます。



スイスで国民全員に配布されている民間防衛マニュアルです