「ザ・シークレット」翻訳者 佐野美代子のブログ

「ザ・シークレット」、「「ザ・シークレット TO TEEN]、「ザ・パワー」、「ザ・マジック」の引き寄せの法則、モンロー研究所、ヘミシンク、UFO、オーブ、ラムサ、ルイース・ヘイ、アファメーション、気、生命エネルギー、死後世界、輪廻転生、闇の権力や海外生活などを中心に書いています。

イルミナッティー

ビルダバーグの会議には日本人はいたでしょうか?

私が書いてきました闇の権力者は
世界中の石油、金・プラチナ・ダイヤモンド市場だけにとどまらず
金融、保険業、放送局、新聞社、通信社、出版社、
娯楽(ハリウッドなど)、化学、兵器製造、医薬製造など
ありとあらゆる業種を支配しています。

石油や貴金属の価格の取り決め、株価の操作など、
世界経済のすべてが彼らに支配されているのです。

彼らは、国家間レベルの麻薬・ドラッグの商取引で
莫大な利益を上げていると言われています。

そこで登場したのが仮想通貨です。
今まで闇の権力者(ロスチャイルド家やロックフェラー家など)
が自由に支配していた金融、
FRBや中央銀行とは全く関係ないものです。 

私はこの仮想通貨が普及してくれると嬉しいと思っています。
闇の権力者に支配されたくないからです。


先日、ビルダバーグ会議がありました。
2017年は日本人は一人も招待されていません。
(日本の立場がわかります)

ビルダバーグ会議とは
ウィキリークから引用させていただくと、

1954年から毎年1回、世界的な影響力を持つ政治家や官僚、
多国籍企業・金融機関の代表や
ヨーロッパの王族、貴族の代表者など約130人が
北米や欧州の各地で会合を開き、
政治経済や環境問題等の多様な国際問題について
討議する完全非公開の会議です。

ビルダーバーグ・クラブ
ビルダーバーグ・ソサエティとも呼ばれる。
「陰の
サミット」と呼ばれることもある。

出席者リスト、議題はある程度ウェブサイトで公表され、
ジャーナリストやコラムニスト等も招待されるが、
会議での討議内容は非公開であり記事になることはない.

 

InfoWars Invades Bilderberg 2017

「こちらではトランプ大統領をどうするのか
話し合われるみたいです」と動画で言っていますね。

トランプ大統領はイルミナッティーではない証拠ですね。


あまりにも会議の内容が非公開で秘密なので、
闇の支配と怪しまれるのですね。


 
私たちに出来ることは、まず、闇の権力者がいることに気付き、
仮想通貨に興味を持つことです。

 
  

映画・音楽業界のマインドコントロールについて

トランプ大統領に対するハリウッド俳優の反抗が目立ちます。
実は、映画や音楽業界にもイルミナッティー、
いわゆる闇の権力の支配があるそうです。

次の動画ではそれが伝わってきます。
ブリットニーは相当支配されていたそうです。
それにうんざりしたのではないでしょうか?
とても悲しそうです。
 
 
Something Strange is Happening to Brithey Speas
Illuminati Slumber Party EXPOSED

秘密結社、闇の権力(エリートとかイルミナッティー)は
秘密のパーティーを開催していると言われています。
ブリットニーは最新のビデオでそれを表現しています。 

ハリウッド映画の
"EYES WIDE SHUT"でありましたが、
ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。
トムクルーズとニコルキッドマンが主演しています。
その映画で出てくる秘密のパーティーは
イルミナッティーの本当のパーティー
を真似ているそうです。

映画のプロデューサーは劇場公開の前に死んでいます。

ロスチャイルド主催のパーティーの様子が上記動画で紹介されています。

ハリウッドの俳優はエリートにマインドコントロールされています。
MKMIND CONTROLです。

このマインドコントロールでみんな苦しむみたいです。

ブリットニーもそのためののストレスで
精神的に苦しんでいる様子が動画で紹介されています。


Eyes WIde Shut  New World Order 666
(Tom Cruise )

Stanley Kubrick がプロデューサー

真偽のほどはわかりませんが、
こんなのが映画の世界ではなく
現実だとしたらびっくり仰天ですね。

日本からは想像できない世界です。 

しかし、ハリウッド俳優がマインドコントロールされているのは
本当のようです。

映画について WIKIPEDIAより

アイズ ワイド シャットEyes Wide Shutは、
1999年製作の映画。スタンリー・キューブリック監督の遺作となった。
原作はアルトゥル・シュニッツラーの『夢小説』(1926年)。 

主演の2人に加え、結果的に監督の遺作となったという話題性も上乗せされて、
7月以降のロードショーでは世界的なヒット作となった。

なお、当映画の試写会5日後に監督スタンリー・キューブリックは急死する。
死因は発作要因不明の心臓発作とされている。

プロデューサーは映画を制作したので、
暗殺されたという説があります。


私たちはマインドコントロールもされずに
自由なので素晴らしい人生を創造しましょうね

成功するために支配されているのでは悲しすぎます。
 
さあ、笑顔です。
自由を満喫しましょう。

スイスの親友から送られてきた旅の写真 です💓


↓記事を書くモチベーションになります♪                                                        
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ                
いつも応援していただきありがとうございます!! 

 
 

FBIの捜査官が全てを語りました

すでにブログで紹介済みの
元FBI ロス支局長で捜査官のTED GUNDERSON
テッドガーダンソンの貴重な講演です。

こちらの動画は大変長いので
申し訳ありませんが全訳書けません。

 
Former HEAD of FBI tells ALL
Illuminati Satanism Pedophile Rings


元FBI ロス支局長官・捜査官のテッド・ガンダーソンの講演
イルミナッティ、悪魔崇拝、ペドファイルリングについてすべて語ります
 
「私は反政府でないし、テロを指示しているわけではありません。
CIA,FBI やNSAには沢山の善人がいます。
ほんの一部の人が悪いだけです。
・・・・・
私は1984年のオリンピックではコンサルタントで、
FBIにいた頃は沢山の部下がいました。
 
 ロスチャイルド家族のために
ワンワールド政府をつくるように指示されました。

彼らは、
セックスとドラッグを使って若者を堕落させます。

最終目標は
ワンワールド(一つの世界)政府をつくることです。
(世界支配)

私は引退した頃は
イルミナッティーのことは何も知りませんでした。

1970年には終身刑になっていた
マックドナルドの事件の弁護を依頼されました。
(奥さんと娘を殺したとされる事件)

マックドナルドが本当に殺人犯であれば、そのケースは降りる条件で引き受け

すべてを調査しました。
すると彼は完璧に無罪でした。
しかも、全証拠は隠蔽されていました。

1980年には現場にいたエリーなどに聞き込みました。
マックドナルドは殺人を犯していないと彼女が主張しました。

すべてサタニックな儀式で殺されたと言うので
何のことか分からず、捜査はじめました。

すると判明したのは、カルトメンバーの
7人がその夜に彼の家族を襲撃したのです。

しかし、マックドナルドは家族を殺したという判決で
いまだに刑務所にいます

私は彼を救うために活動を続けます。

調査しているうちに、サタン(悪魔)の儀式について
初めて聞いて、信じませんでした。

・・・・
しかし、すべて事実でした。
当時、ワシントン政府の中には小児性愛者がいて
ホワイトハウスや上院議員にもいたのです。

すべて隠蔽されていました。

新聞配達途中で行方不明になった
ジョニー・ゴッシュもその犠牲者ですね。
ジョニーの失踪については母親のノリーンが本を書いています。


Noreen N. Gosch
Johnny Gosch Foundation
2000-11


毎年70万人の子供がアメリカでは
行方不明になっています


フランクリン・カバーアップは行方不明の子供と関係あります。

ジェフ・ギャノンというジャーナリストはゲイホステスで、ホワイトハウスに出入りしていま した。

それがジョニー・ゴッシュだと思います。

以上はテッドの話です。


そのあたりは下記の動画でも説明しています。


 


テッド曰く、

ノリーンは警察やFBIにいって
息子の失踪事件を捜査してほしいと
お願いしても却下されたのです。


それは警察やFBIの上層部が関係していたからです。
(隠蔽・・フランクリンカバーアップ)

ジョニーは誘拐され、
無人の農家に閉じ込められてから
コロラドでは檻にいれられて
セックスの奴隷にさせられました。

CIAのマインド・コントロール・プロジェクト
を受けていると母親に告白しました。
母親を3時間だけ訪問した時です。(前述)

ジョニーはマインドコントロールの犠牲者なのです。

第二次世界大戦後に
マインドコントロールプログラム(MK ULTRA)が
導入されました。


英国のテレビ局が1994年に
それについて報道しようとしたら
アメリカの上院議員が脅迫して
そのドキュメンタリーは放映されませんでした。
しかし、私はそのコピーは持っています。
(このことは既に投稿しています)

というテッドは講演しています。


子供の誘拐、性的虐待、暴力、脅迫、
性的奴隷にして
マインドコントロールまでしています。
言うことを聞かない子供は殺されているのです。

これは政府高官、CIA,
FBI, 警察、主要メディア、軍部や銀行家など
一部の悪人によって組織的にされているそうです。

本当だとすれば何とも恐ろしい話です。
また、マインドコントロールについては
書いていきますね。
莫大な情報があります。

私は真偽のほどはわかりませんが、
証言をしている人たちが、
嘘をついているとは、到底考えられません。

皆さん命がけで内部告発をしています。
良心と正義感からです。
私も正義感からこういう記事を書いています。

気の毒なことに多くの内部告発者や
調査をしていた人が暗殺されています。

しかし、最後は正義が勝つことを信じています。


image

image

世界平和祈ります💓
素敵な世界を共同創造しましょう。
私たちは創造主です。
力をあわせれば、闇に光が勝つはずです。 


↓記事を書くモチベーションになります♪                                      
  ぜひ、クリックをお願いします              
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ                
いつも応援していただきありがとうございます!! 


世界の行方不明の子供達

911陰謀論に再び目が向いた理由は
アメリカ大統領選挙だけでなく、
以下の子供の誘拐事件からです。

子供好きな私は組織的な子供の誘拐は許せません。


Beth Holloway  Johnny Gosch Part1 

「2005年
娘ナタリーが行方不明になりました。
その事件以来、
行方不明の子供を探し出し
犯人を裁判にかけることが私の使命となりました。」
・・・・Beth Holloway


1982年 ワイオマでの出来事です。
12歳のジョニー・ゴッシュが
日曜の早朝、新聞配達の途中で消えました。

これは大きな反響を呼びました。

米国では、多くの少年が新聞配達をしたがりますが、

ジョニーは新聞配達をして
行方不明になってしまいました。

ジョニーを探すにつれて
恐ろしいことが発覚します。

「彼らは子供を誘拐して売っていたのです。」

人身売買は、もっとお金、もっとお金と誘拐を繰り返します。

自分の子供が行方不明になれば
どんな手がかりでも希望となります。

この夫婦の場合は30年かかって探し、
最後は衝撃的な事実を知ります
それはあまりにも恐ろしいものでした。

『ジョニー行方不明事件』
アイオワ州、1982年
6年生のジョニーは両親にとっての喜びと誇りで、誰のためにも尽くし、 
皆を喜ばす明るい子供でした。

12歳のジョニーはお小遣い稼ぎに新聞配達をしたいと両親にせがみました。

彼はバイクが欲しくてしたのです。

「それは誇らしいことですね?」
「はい、彼は特別な子供でした」

ジョニーの新聞配達に賛成しました。
条件は私か夫が付き添うことでした。
まだ日が昇る前で暗かったからです。

しかし、9月5日の日曜には
ジョニーは1人で配達に行ってしまいました。 

5:45に両親が寝ている間に
家を抜け出しましたのです。

その1時間後に電話がなり、   
「ジョニーはどうかしたの??新聞まで来ていないよ 」と。 

こんなことは起きたことがありません。

夫とともに、近所を必死に探します。

ブロックごとに丁寧に探しましたが、何も見ませんでした。
何かおかしいなと直感しました。
 
新聞は束のまま置いてあり
紐はそのままでした。

ジョニーと一緒に配達をしていた他の青年達にも聞くと、
 

ある男が車でジョニーに近寄り、
「おい青年、8番通りはどこだ??」 とジョニーに聞きました
 
ジョニーは 「怖いから家に帰る」と、
年上の少年に告げたそうです。

ジョニーが家に向かって歩いていると
もう1人の見知らぬ男がジョニーを尾行しました。       

それで、両親は警察に通報します。

家出ではないので、 息子を探してくれるように頼みます。

警察は聞き込みをすると目撃者がいました。

ジョニーは尾行した大人につかまれて
フォード車に押し込まれ、 
その車は大急ぎで逃げ去ったそうです。

両親は地域の友人達に電話しまくって
探してもらいました。

ジョニーの写真をコピーして何千も
配布しました。

何でも良いから手がかりを見つけるように祈りましたが
何も発見できませんでした。

死体となって見つからないだけ、まだ希望が持てます。
私立探偵も雇いました。

その結果、ジョニーは
組織的なペドファイルグループに
誘拐されたかもしれないと言われました。
ペドファイルとは 小児性愛者のことです。

(ちなみに、今、アメリカでは組織的なペドファイルが大問題となっています)

「こういう行方不明が起きた時は
どういう種類の誘拐なのか見極める必要があります。
売春、ペドファイルいろいろあります。」

6ヶ月後にオクラホマで ジョニー
生きていることを ある女性が教えてくれました。
若い少年が彼女に走り寄ってきて、
僕はジョニー・ゴッシュです。
僕は誘拐されました。
助けてください‼︎
」と言ったそうです。

その女性が何か出来る前に
ビルの裏から大人二人が寄って来て
ジョニーを車に乗せ、逃げ去ったのです。

2年後、またユージンという少年が
新聞配達途中で行方不明となります。

同じ年頃、同じ新聞配達
同じ季節です。

二人の若い少年が突然消える!
もう皆怖がりました。
子供を1人でどこに行かせられないと

次は誰が誘拐されるのか??????

また、1年半後に
3番目の犠牲者が出ます。
13歳のマーク

これで問題なのは、これらの事件が想像以上に悪質なことです。

いったいどれだけ多くの子供が誘拐されているのでしょうか???

誘拐から
ゴッシュ夫妻は革命的なアプローチを試みます。

他に誘拐された子供達を助けようとします。

牛乳瓶のラベルに行方不明の子供写真を載せ、アメリカ中に配達されます。

しかし、ジョニーは見つかりません。

捜査が行き詰まると、

1989年に
ポール・バナーキーという青年が出てきます。
彼がジョニーの事を知っていました。

ポールが言うには
「私が誘拐するときに、車にいました。
私がジョニーの足をつかみ、他の男性と連れ込みました」


ポールは子供の誘拐・売買をしている
ネットワークに属している
と証言。
ボール自身もその犠牲者でした。

ポールも誘拐され性的虐待を受けてから
誘拐を手伝わされます。
言うことを聞けば
殺されないですむのです。

ポールは刑務所にいて
ジョニーの母親はそこで対面します。
ポールは泣き崩れました。
「本当に申し訳ありません。」と
自分がしたことを謝罪しましたが、
強要されてしたとも言いました。

ジョニーの母親はやっと自分の息子に何が起きたのか知ります。
しかし、父親は確信を持てないでいます。

92年に、ポールは釈放され
テレビ番組でも証言します。

テレビクルーをある廃墟に案内し、
そこに少年たちが一時閉じ込められていて、
自分がジョニーを最後に目撃したのはそこだと主張します。

他にもそこでジョニーと一緒だったと主張する
ジミーという青年がコンタクトしてきました。

「それを信じますか?」
「はい、ジミーはジョニーのバースマークを詳しく描写できました。
他にもジミーはジョニーのことを知っていたので信じます」

そこに閉じ込められた少年たちは
ロッキングエックス(X)のマークを付けられていました。

実は、捜査チームは
すでにそのロッキングエックスのマークについては知っていました。

1968年、69年からその話は聞いています。

コロラドでそのロッキングエックス・オペレーション
行われていました。

ジミーが言うには
多くの少年がその廃墟(敷地)から逃げることが出来て、

逃亡した中にジョニーもいたけど、
今どこにいるのかは検討がつかないというのです。

母親はこれらの話を信じて
父親は信じませんでした

それで息子が行方不明になってから
11年で二人は離婚します。

 
Part 2

15年たっても消息が分かりませんが
1997年にミラクルが母親のノリーンに起きます。

家にノックがあって
あけるとジョニーがいました。
母親は「彼だとわかりました」

27歳の大人になっていますよね??」

母親が言うには
ジョニーはそのまま家にいてくれるのかと思いました。

しかし、ジョニーは
彼女に話していることも危険だと言うのです。

3時間は母のもとにいましたが
また、立ち去ってしまいます。

「僕はいれない」「助けて!この人たちを逮捕してほしい。
そうすれば自由に暮らせるから」と
 ジョニーは最後に言いました。

しかし、父親はその話を信じません。

それからしばらくして
母親は何枚かの写真を受け取ります。

写真には青年たちが
手足を縛られ監禁されています。
母はその1人はジョニーだと言います。
捜査をしている警察もジョニーだろうと言いました。

父親はその写真がジョニーだとは信じませんでした。

ジョニーは今では42歳になっています。
まだ解決していません。
・・・・・・

こういう組織的な子供の誘拐事件が
アメリカでは大変多く起きていて
PEDOPHILE RINGと騒がれています。


それを前回投稿しました
FBI のTed Gunderson が一生懸命にそれも調査していたのです。
それで私も応援していました。

誘拐された子供達が一日も
早く救出されますように!!!

子供達は天使です。

この事件はそうではないかもしれませんが
概して、闇の権力者と
ペドファイルの繋がりが騒がれています。
真偽のほどは分かりませんが
怪しい感じはしています。



↓記事を書くモチベーションになります♪                                     
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ                
いつも応援していただきありがとうございます!! 



トランプはどういう立場なのでしょうか?

ドナルド・トランプも闇の権力者に支配されているのか
はっきり分かりませんが、
私は違うと思います。

違うという意見の方が多いですね。
やっぱり仲間だという意見もあります。

ただ、就任してからは、
闇の権力に気をつかっているのは確かです。

さて、下記の動画では
元CIAのROBERT STEELE が
トランプは闇の権力者の仲間ではないと言っています。



Robert Steele 
 " Did  Lynn Rothschild Buy Donald Trump For 20  biIlion dollars ??
Or is He For Real?"

ロバートが言うには、

「トランプが、今まで世界を支配していた
エリートに対抗すれば
暗殺されるとか
家族が危険にさらされる。

世界を支配していた超エリートの銀行家
(イルミナッティー)が
ホワイトハウスにボーイングを突っ込ませて
トランプを消すのは簡単だから。
しかし、そんなことをする必要ない。
もっと目立たないで消せる

だからこそ、
トランプは彼らに気を使う必要があるし、気を使っている。

ここで、特に、注目すべきは
ロバートが
911は超エリートの仕業
特に、元国防長官で副大統領の
ディック・チェイニーが指導したと言っていることです。
3ヶ月前から用意周到に準備したと言っています。

あと、ロバートが言うには、

「トランプは偶然大統領になった。
予想外だ。
ヒラリーがバーニー・サンダーズにした
選挙戦での電子投票の改ざんが、
トランプの時には出来なかったので
ヒラリーは計画外に選挙で負けた。

超エリートは第3次世界大戦を計画していた
トランプが当選したことによって
世界大戦を防げたから
ノーベル平和賞をとっても良いくらい。

トランプはロスチャイルドから
600億ドルを受け取る。
それで、ある程度彼らの言いなりになるのか??

トランプ大統領の側近には、
ゴールドマンサックスの人々が沢山いる。

トランプの周りにも3人は裏切りものがいそう。
毒殺されないように気をつけなくてはならない。  

ビル・クリントンが一番ひどいことをアメリカにとってした。
ブッシュ以上にひどい大統領だ。

主要メディアは嘘とついている。」

などです。
ほんの一部ですみません。

トランプに関して、多くの大事なことを言っていますが
特に大事なことを抜粋しました。

また、時間を見つけて投稿しますね。


ロバートの言っていることが
正しいのかどうか分かりませんが
参考にしてください。

(私は結構ロバートが言うことは
当たっている感じがしています)

皆様はどう思いますか?

世界中の人がのびのびと生活できる世界にしたいですね💓
正義のために生きたいです。


↓記事を書くモチベーションになります♪                                  
  ぜひ、クリックをお願いします              
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ                
いつも応援していただきありがとうございます!! 


不審な死に方をする人が多い?!!

また、申し訳ありませんが怖いお話です。

クリントン周辺では不審な死を遂げた人がとても多いのです。
皆様の周りの方は
どれだけ親しい方が突然亡くなりますか???

クリントン周辺の死に関して紹介した
YOU TUBEがとても多いのです。
その中で人気のを一つをご紹介しますね。

それを視聴された方の反応も
賛成が3616
反対が253です。

決してデマでもないのです。
これらの方が亡くなったのは事実です。
そしてクリントンと関係のある方です。

もちろん、クリントンはその死には関係ないのかもしれません。
ただ、あまりにも多いのでとても不思議なのです。


Did the Clintons Commit Murder ?

事実を報道するだけです。

クリントン周辺では多くの死がありました。
12件以上の飛行機事故
13件の殺人
10件の自殺
多いですね!!


1 Ron Brown ロン・ブラウン
US Secretary of Commerce
Bill CLintons の第一期を勤めました。
1996年にクロアチア近くの飛行機事故で亡くなりました。
多くの人がその死に
クリントンが関係していると噂しているのです。

ブラウンは調査された時に、
クリントンも道連れにすると言いました。
そして、その直後に飛行機事故で死にます。

ブラウンは飛行機が墜落する前に
頭を銃で撃たれたと言われています。
飛行機のブラックボックスは見つかっていません。

ブラウンの弁護士が何者かに銃で殺されます。
飛行機事故時の管制塔の担当官もその翌日に死にます。


2キャシーファガーソンと
ビル・シェルトン
婚約者同士です。クリントンに関係しています。
二人とも1ヶ月違いで死にます。
自殺をして扱われていますが、
本当でしょうか??????

ビルクリントンの性的嫌がらせの事件当時、
キャシーは
ポーラ・ジョーンズとビルとの不倫の目撃者でした。
そして、彼女は頭を撃たれていました。
自殺として扱われます。
しかし、自殺時に彼女は旅行に出るため
スーツケースを沢山つめていました。
そんなときに自殺しますか?不可解です。

ビルファガーソンも1ヶ月後に
彼女の墓前で頭を銃で撃たれます。
しかし、自殺として扱われます。
二人はとても似た死に方をしています。
偶然なのか、
頭を撃って自殺するのがみんな上手になったのか?

3 バーバラ・ワイズ
商務省で
ロン・ブラウンと一緒に働いていました。
中国のスパイ活動について調査していたら、
クリントンに不利な面が沢山でてきます。
彼女はオフィスで死んでいました。
暴行され撃たれて死にました。
また、長い時間拷問されていました。
その商務省にはなぜカメラが設置されていなかったのでしょうか?

4 エド・ウィリー
クリントンのファンドについて調査していました。
頭を撃たれていました。
1993年にウィリーの奥さんはクリントンに会っています。
ウィリーの奥さんはクリントンに性的嫌がらせを受けました。
その時にはすでにウィリーは森で死体となっていました。
ウィリーの奥さんは今でもクリントンに反対で、
トランプを応援しています。

5 スタンリー・ハードとスティーブ・ディックスン
ハードはクリントンのお母さんのカウンセラーでした。

二人とも飛行機事故で死にます。
同じ飛行機です。
最初のフライトは飛行機内の火事で引き返します。
次の飛行機でもまた問題が起こり、
引き返すと
その途中で原因不明の爆発で死にました。

6 Seth Rich
民主党員
2016年7月 自宅近くの道路で死んでいました。
警察は泥棒目的と判断しました。
しかし、殴られ死んでいましたが、
何も盗まれていません。不可解です。
ウィキリークで明るみに出た
ワシントン政府のスキャンダルを調べていたみたいです。

7 Victor Thorn
クリントンのスキャンダルについて本で書いていました。
山頂で頭を銃で撃たれて死にます。
自殺として扱われます。
しかも、彼のお誕生日にです。
しかし、その前に
「私が死んだ場合には自殺ではありません。殺人です」と
言い残しています。

8 ジェリー・パークス
パークスも殺されます。
ビンスフォースターにも雇われていました。
彼らが調査をしていた書類は盗まれます。
パークスの奥さんと息子さんはファイルについて語りました。
パークすはクリントンの不倫について調査(ファイル)していました。

9 ケビンとドナルド・ヘンリー
10代の男性。 
アーカンソーで死にます。ドラッグで死んだとされますが、
そうでないみたいです。
ケビンは頭を殴られ(頭蓋骨がつぶれている)
ドナルドは背中を殴られて死んでいます。
二人ともクリントンについて調査していました。
アーカンソーのドラッグ取引について調査していました。
クリントンの背後にあるもので、
新しいことを発見したとジャーナリストに報告すると
その数日後に死んでいました。

10 ヴィンス・フォスターの死
ヒラリーの法律のパートナー
自殺として扱われていますが・・・???????


あなたはどう思われますか?」

と言ったような内容です。
おおまかな訳ですみません。

これだけ多くの人が不審な死に方をしていると
疑いたくなりますね〜
そして、あまりにも多くの噂があります。

しかし、もちろんアメリカの主要メディア
では報じられません。
日本にはそんな情報が
入ってくるはずがありません。

今では真実を知ることが大切となります!
世界を本当にコントロールしているのは誰なのか?
もちろん、私たちも支配下にあるのですから
気をつけましょう😓


先ず真実を知るようにしたいですね〜
知らないのは悲しすぎです。

そして、自分で素晴らしい現実を創造しましょう。
素敵な日曜をお過ごしください〜💓
波動をあげましょう。
笑顔です。
 
スイス レマン湖
愛を込めて

↓記事を書くモチベーションになります♪ 
                 
         
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ                
いつも応援していただきありがとうございます!! 


CNBCのアンカーの不審な死

イルミナッティーとか闇の権力者と言われる人たち
がアメリカの大統領をも操っていると言われています。

歴代の大統領のほとんどがそうです。

その辺りを追求しようとした
テレビのニュースキャスターが
職場で突然倒れて亡くなりました。
まだ58歳です。

家族でイタリア旅行から戻ってきてすぐのことです。

彼のインタビューをご覧下さい。
秘密結社のことを聞いています。
SCULL and BONESのことを聞いていますよね〜〜

 
Tim Ruessert Killed By The Illuminati

なぜこんな恐ろしい内容の投稿をするかと言いますと

私の直感では、今年は
こうした悪人がついに暴かれるからです!!!

世界は光と闇でなりたっています。

今までは闇に包まれていることが多かったのが
(911、ケネディー暗殺、各地の戦争、ワクチン問題、
エイズ、ケムトレイル、HAAP, 行方不明の子供達などなど)

今年は、光が輝き、
住みやすい世界になっていく大事な年です。

すぐには光の時代になりませんが、
先ずは真実を知る必要があります。

真実を知り、正しく対処して、
自分の波動をあげていく!!!

新しい世界に移行する中で
光の世界に行くのか
闇の世界にいつまでもいるのか・・・
のんびりしていはいられません。

多くの方が覚醒して
真実に目覚められると期待しています。
真実を知ることの大切さに気づいてください。

おそらく闇の権力者(イルミナッティー)は暴かれるでしょう!!

私は多くの人が不審な死に方をしているのが
気になって仕方がありません。
大変気の毒です。

そして、これは日本にもおおいに関係があるのです。

一人一人は光の存在です。
創造主です。
善人の集合意識で素晴らしい世界を共に創造していきましょう!!!
必ず住みやすい世界が創造できるはずです。


愛をこめて

 
↓記事を書くモチベーションになります♪                          
  ぜひ、クリックをお願いします                   
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ                
いつも応援していただきありがとうございます!! 









 

トランプ大統領就任の大きな意味!!!

昨日はトランプ大統領就任の日でした。

トランプ氏の就任演説ではありませんが、興味深い演説見つけたので、
ご紹介いたします。

イルミナッティーについて
言及して、
大変大きな意味があります!!!!

次の動画は大変意味深いです。
ご覧ください。

最初のトランプの
演説の部分を良くお聞きください。
2016年11月

「我々は汚職され信頼できない政府に変わり、
あなた方人民による政府を確率するために活動しています。

ワシントン政府とそれと密着した金融、メディア企業は
ただ一つの理由で動いてきました。
自分自身を守り豊かにするためです。

何兆ドルも選挙のために貯めました。

現政権の人たちは、
あなた方人民のためなんて考えていません。

我々の選挙活動はこうした人たちにとって
かつてない脅威となっています。

これは4年間政権を担うための選挙だけではありません。
今は我々文明社会の歴史的岐路です。
我々人民が政府に対して非難し、権限を取り戻すために立候補しました。

我々の動きを止めようとしている
ワシントン政治の人達は、
損害の大きい貿易交渉、
大量な不法移民の受け入れ、
我々を枯渇させた経済外交政策をしてきました。

現政権によって、工場がつぶれ、
労働者階級が搾取され、
失業が増えてます。
そうなるグローバルな構造があります。
それによって、ワシントン政府のエリートや一部の大企業家が
必ず儲かる仕組みとなっているのです。

私の闘いは国の生存のためです。
そして国民を救うためのラストチャンスとなるでしょう。

本当の自由な国となるのか?
或いは民主主義という幻想の中に暮らすのか?
つまり、一握りのグローバルなエリートだけのためのものになるのか?
これが今の現実です。
あなたも知っているはずです。
私も彼らも知っています。
世界の人々も気づいているでしょう。

クリントンがその中心にいます。
ウィキリークのドキュメントにすべての証拠があります。
ヒラリーは秘密裏に金融機関と提携して、
彼女へ贈与する人たちと
一部のエリートや自分だけが儲かるようにしてきました。

現在の主要なメディアもジャーナリストではありません。
彼らは嘘を言い続けるでしょう。
クリントン夫妻は犯罪者です!!!!
犯罪行為を隠し続けています。

クリントンファンデーションは不正だらけです。

ヒラリーは監禁されるべきです。
私は皆さんのために彼らからの弓矢の盾となるつもりです。

私は余生を家族とともに優雅に過ごすことも出来ました。
しかし、愛する国のために立ち上がりました。
この国をあなた方のために取り戻します。

国民は未来のために投票すると信じていました。
この汚職された政権を救えるのはあなたしかいません。
あなたアメリカ市民が勇気を持って未来のために投票してください。

偉大な企業をすでに確立してきたので、余生は
家族とともに楽しく過ごすことができました。
こんな嘘や汚職と戦うホラーショーを展開する必要なんてなかったのです。

アメリカ大統領になろうなんて考えてことはありませんでした。
ただ、アメリカは私のために多くのことをしてくれました。
アメリカへの恩返しのために立ち上がりました
皆さんとともに、この国を偉大にしていきましょう!」

簡単に最初だけ訳しました。

一字一句真実でしょう。

後半の内容は驚愕です。
しかし、残念ながら本当みたいです。
 

 


トランプが無事に大統領になれて一安心です。
ヒラリーになっていたら大変なのです。


image

 
↓記事を書くモチベーションになります♪                   
  ぜひ、クリックをお願いします          
  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ                
いつも応援していただきありがとうございます!! 
 

波動を高めることが今年は特に大切です

美しいスイスにおります。
毎日美しい自然と親切な人々にに囲まれ感謝の日々です。

しかし、世界を見渡せば各地で紛争やテロ。
殺人事件や誘拐時間など。
 
世界はちっとも平和になっていません。
中東では生まれた時から紛争しか知らない
悲しい人々もいるでしょう。

また、平和な世界に暮らしている
多くの人は世界がどのように動いているのか
ご存知ないと思います。

無理もないです。
主要メディアが操作されているからです。

それを少し暴いたのが
THRIVE スライブとい映画です。
ご存知の方も多いでしょう。

イルミナッティーとかフリーメーソン
聞いたことがある方も多いかと思います。

私はこうした闇の権力(イルミナッティー)の実情が
今年は明かされていく予感がしています。

私も驚愕の実情を少しずつ書いていく予定です。

どんなに悲しい現実を知らされても
大事なのは自分です。

愛と感謝の気持ちを抱き、
波動の高い生活をしていれば大丈夫です。


お金や地位よりも大切なのは
自分の波動をあげておくことです。

波動をあげるには心地よく過ごすことです。
カルマも解消しておくこと。
怒りや悲しみを浄化しておくこと。
そして、食べ物にも気をつけましょう。

なるべく波動の高い食べ物、飲み物を取りましょう。
歯磨き粉やシャンプーなど体につけるものも大事です。

私の本がおすすめです。
波動のことが書いてあります。瞑想CDもついています。



ネガティブな波動の多い世界で自分の波動を高めることが大切です。
さあ、笑顔で2017年を歩んでいきましょう!!!!!

すべてはあなた次第です。



スイスより愛をこめて
 

  ↓記事を書くモチベーションになります♪                   
  ぜひ、クリックをお願いします          
  
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ                
いつも応援していただきありがとうございます!! 
 
プロフィール
ザ・シークレット 書籍
著者:佐野 美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川 亜希子+佐野 美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川 紘矢+山川 亜希子+佐野 美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川紘矢+亜希子・佐野美代子


著者:ポール・ハリントン
翻訳:山川紘矢+亜希子・佐野美代子


著者:ロンダ・バーン
翻訳:山川紘矢+亜希子・佐野美代子


著者: ルイーズ・L・ヘイ+モナ・リザ・シュルツ
翻訳:佐野 美代子
2017年 イベント情報

[2017年セミナー・講演会・イベント情報]

佐野美代子の人気ダウンロード教材
「ザ・シークレット・コード」DVD
引き寄せのパーフェクトガイド
(フォレスト出版)
(セミナーに参加されない方はご自宅で学べます!


»詳細


佐野美代子の音声教材
「あなたの願いを宇宙が叶える7日間のマジックプログラム」
(フォレスト出版)


»
詳細


(セミナー録画

「ザ・シークレット」ワクワクセミナー ダイジュスト版
»
詳細


[メルマガ登録はこちらから!無料です]
»登録フォーム


講演・ワークショップ
 全国どこでも出かけます♪

(引き寄せの法則・ヘミシンク・スピリチャルなど)
 ヘミシンク・プライベート・セミナー 
 企業向けセミナーも可能です

問い合わせ 
miyokosano345@yahoo.co.jp まで 
お気軽に問い合わせ下さい






mixi(ミクシィ)やってますバナー

最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ