フランスのベニスと称されている
美しい街アネシーに行って来ました。

ジュネーブから車で45分くらい
ですが、平日行くのははじめてです。

アルプスの清らかな流れに 
いっぱいめぐまれ、
アネシー湖は
綺麗すぎて魚もあまりいないそうです。 


古都アヌシーは山と湖のおかげで
豊かな自然と澄んだ水に
恵まれています。

16世紀頃にはサヴォア公国の
領地となり、首都となりました。

 観光地として大変な人気です。

今日は残念ながら、雨でしたが
スイス人主催のツアーでしたので
楽しかったです。

そう言えば、
パリは洪水被害出ていますね。
 

澄んだアヌシー湖
 



12世紀にできたそうですが、
15世紀の建物が多く残っています。 


15世紀の建物


運河に浮かぶまるで石で出来た
この建物はアヌシーの象徴、
パレ・ド・リル。
一時は牢獄であったという
おどろおどろしい過去も関係なく、
現在は博物館、町一番の観光ポイントとして大人気。


水の都ベニスみたいですね〜










↓記事を書くモチベーションになります♪      

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ          
いつも応援していただきありがとうございます!!