引き寄せの法則を使うとき、
わたしたちは大きく次の3つのプロセスを経験します。

ー分が望んでいることを明らかにする

⊆分はその望みにふさわしいことを知る

心から望みの実現を信じる

,鉢△任弔泙困い討靴泙Δ函△發舛蹐鵝↓には行き着きません。
,破召澆鮗茲螳磴┐覆い燭瓩砲癲
自分の感情をセーブしないことが大切なのです。

たとえば、何かに対して「いやだな」と思う。
誰かの仕打ちに対して、「悲しい」と思う。

unhappy-389944_1280

そんなとき、
「ダメダメ、もっと明るく考えなくちゃ!」
と思わず制限してしまう。

stock-photo

気持ちを立て直そうとするのはいいことなのですが、
方法が問題です。

好きなことにフォーカスして気分を切り替えるのではなく、
感情をセーブする……このやり方がクセになってしまうと、
自分の望みを明らかにするときに、

「これが実現したら、周囲が喜ぶだろう」

と、他人に軸足を置いてしまいがちになるのです。

あなたの人生でフォーカスするのは、
いつも、ほかの人ではなく、自分です。

あなた自身が最大限にうれしいこと。
あなたの魂が感動すること。
それを見つけましょう。

そのためには、湧いてくる感情にふたをしないで、
そのつど、解放してあげることです。

すると、潜在意識を覆うさまざまな思考が整理されていって、
「自分の本当の願い」がよく見えるようになります。

頭に来ることがあったら、クッションでも投げて、
自分の中に渦巻くネガティブなエネルギーを放出してしまいましょう。

pillows-1090466_1920

このときに、相手や環境を責める言葉を使うと言霊が宿って、
大きく波動を下げますから、
声に出すのは「もうっ!」くらいがいいかもしれません。

一人きりのときにこのエネルギーの整理をしておくと、
思わず人に感情をぶつけたり、
閉めたはずの心のふたが突然、パンと弾けたりすることがありません。

そして、次に、あなたが最高に心地がいいことをしましょう!

くつろいで、笑って、「あまり上手にやれなかった」と思う日があっても、
「大丈夫、明日からまたがんばればいいじゃないの」と自分を励まし、
よしよし、とたっぷり甘やかしてあげるのです。

widow-1148929_1920

自分をとてもいいもののように自分自身が扱うと、
どんな望みも自分にふさわしいと感じられるようになって、
宇宙に届く波動がどんどん強くなり、実現の速度も上がります。

スムーズにいかないと感じるときがあったら、
自分を甘やかす時間を作って、
あなた自身といちばんの仲よしになってください。

↓記事を書くモチベーションになります♪ ぜひ、クリックをお願いします 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

応援ありがとうございます!