なぜか、よくないことが続く経験をしたことはありませんか?


たとえば、朝起きたときに、あなたは雨が降っていることに気づきます。

すると、幼いときに傘がなくてびしょ濡れで帰った通学路のこと、
荷物がしたたかに濡れてショッピングバッグが破れたこと、

電車で隣に座った人の傘が、あなたのお気に入りのバッグに
しみをつくった
こと、ヘアスタイルがきまらなくてイライラしたこと、

そんな「雨にまつわる過去のイヤな情景」を瞬時に思い出します。

こうなると、頭の中は「雨は嫌い!」という一色に染まります。

もうおわかりですね。
その思考は、ますます雨がイヤになるような
不愉快で憂鬱な出来事を引き寄せてくることでしょう。


わたしたちは、「雨が降っている」という状況や、「思い通りにならない
他人」が自分を不愉快にさせると思いがちですが、

どの瞬間でも、現実を引き寄せているのは「自分の気持ち」なのです。

「気持ちを切り替えよう、そのために思考を変えてみよう」
そこに気づけば、もう大丈夫です。

「恵みの雨に、草花もよろこんでいるわ」

「好きな人と相合傘ができる雨の日は、とってもロマンティック」

「しとしと降る雨音に心が静まって、仕事に集中できそう!」

そんなふうに雨に感謝したとき、目の前の現実は一瞬でバラ色に変わります。

いつもありがとうございます。スイスより愛を込めて

person-731165_1280



佐野 美代子  廣済堂出版
2015-05-08

51rJSRa+A9L__SL160_


ぜひ、クリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ  
応援ありがとうございます!