モンロー研究所と関係の深いロザリンド・マックナイト女史
(Rosie/Rosalind McKnight) が2月11日にご逝去されました

モンロー研究所の初期エクスプローラー・プログラムでは、
11年間 ボブ・モンローと密接に協力し、
ヘミシンク・プログラム開発に多大な貢献をしてきました。
その後もガイドラインプログラムでは、ゲストとして
毎回講演をされていました。
ロザリンドの最初の著作“Cosmic Journey “(1999)
(「宇宙への体外離脱」)
に、
彼女のエクスプローラーセッションが記録されています。
その体験が元になって、ゲートウェイ・ヴォヤッジでの
ツール(エネルギーバルーン、エネルギーバーツール等)が、
様々導入されたのです。
Rosie and Miyoko in the living room
2006年夏 ガイドラインプログラムにて

宇宙への体外離脱―ロバート・モンローとの次元を超えた旅宇宙への体外離脱―ロバート・モンローとの次元を超えた旅
著者:ロザリンド・A. マクナイト
販売元:太陽出版
発売日:2008-08
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

素晴らしい本です!この原書が、初めて
私を翻訳世界に導いてくれたのです。

そして、2006年夏のロザリンドが講演をされたガイドラインプログラムでの
ガイドからの導きで「ザ・シークレット」と出会うことができました。
結果的には、上記のロザリンドの本ではなく
「ザ・シークレット」を翻訳することになりました

ロザリンドの頻繁な透明なヘルパー(ガイド)との交信に基づいて、
ボブはモンロー研究所のガイドライン・プログラムをデザインしました。
ロザリンドのモンロー研究所での業績は偉大です。

助けたネコ20匹と森の中に暮らしていました。
天使のように誰にでも心優しく光り輝く方でした。
私もメール友達でしたので、大変悲しいです
今頃は美しい光の世界で、若くて美しい姿になられているはずです。

ご冥福をお祈り致します



クリックしてください→にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ width=  ←ランキングに参加していますので
                         有難うございます