もともと人間は意識・魂であり、それが肉体という車に乗っているだけだとすると、肉体である車から降りた時の方が、制約がないのでしょう。

すると、睡眠をとると、完全にその車が車庫に入った状態で、、
意識は、、車から降りて、いろいろなところ
(多次元)に羽根をつけて飛んでいける。
車という狭い空間ではなくて、、、、
大空を舞うことができる!

意識の多次元レベルでの冒険がはじまる!!

それは、幻想ではなくて、真実の自己の発見に違いない。
夢だと思っても、それはただの夢でなくて、自分の意識!!
起きている時の自分と同じ自分の意識!!誰の意識でもない!
睡眠中も多くのことが起きているのですね。

さあ、今晩も、私の意識の自由な探求がはじまります。
肉体は眠っていても、もともと、、、
肉体は本当の自分ではないから、、、、

ワクワク!!